メラノサイトというと、メラニンを作る美容において最大の敵と考える方が多くいるようです。
ですが、実際は人間の体の機能を守るためにできた物質なのです。
この事を知らないで、多くの方が美白の敵と邪険視しています。

今回は、メラノサイトの本来の役割に関して、どういった役割を持っているのか紹介いたします。
メラノサイトはどういった箇所に存在しているか簡潔に説明いたします。
そのためにはまず皮膚構造を少し説明いたします。
皮膚は、表皮、真皮とう2層構造になっています。

その構造中のどこにメラノサイトが存在しているかというと、真皮の一番奥に存在しています。
メラノサイトは皮膚構造の中でも一番奥にしている理由は、
真皮よりも奥に有害な紫外線が浸透しないようにするためです。



紫外線は御存知の通り、美容にとっては大敵で、皮膚のコラーゲン繊維を破壊します。
加えて、細胞に存在するDNAを破壊し正常な細胞増殖を阻害してしまうのです。
正常な、細胞増殖ができないということは、がんの発生率が高くなります。
その為、肌の奥侵入してきた紫外線を阻止するために、メラノサイトは精製されます。
そのメカニズムは、メラニン刺激ホルモンと呼ばれるホルモンが太陽の光によって、分泌器官が活性化されます。

次に、メラノサイトを作る酵素の分泌を活性化させ、メラニンの生成を尊信させることで、
メラノサイトの生成を促進させるのです。

メラノサイトが無いと、現在人類のがんの発生率は30%ほどですが、
もしなかったとしたら90%以上の方ががんになってしまうという学説があるくらいです。

メラノサイトは、人間や動物が地上で生きていくために、必要な細胞の防御機能なわけです。
一見、悪者のように見えますが、メラノサイトは体を守る防御機構です。

美白を意識したいのであれば、メラノサイトの合成を阻止するよりも他の栄養を摂取することで、
美白を保つことが大切であることも知って欲しいです。